ニュース一覧

労務管理の方法

女性

勤務実態を管理するには

勤怠管理というのは、会社が従業員の出勤や退勤、休暇などの出勤状況を管理することです。勤怠管理は労働基準法で定められており、企業側が適正に行わなければならない義務です。使用者は従業員の労働時間を管理し、就業の実態を把握せねばなりません。管理の方法としては二通りあります。会社側の記録、従業員の自己申告、という直接的管理。記録用機器をつかった間接的管理の2つの方法が認められています。ではその管理方法にはどんなものがあるのでしょうか。従来からあるものとして、タイムカードによる管理、PCのエクセルによる勤務表への入力があります。これらは人為的ミスが発生しやすく、正確さがありません。次にグループウェアによる管理があります。これは社内ネットワーク利用したシステムです。個別のパソコンを情報共有することにより、情報交換、スケジュール管理、勤怠管理もできます。カードに比べ、人為的ミスや改ざんがしにくい方法です。この方法にもまだまだ改善する余地があり、それはシステムが複雑で汎用性がないことです。そのようなことから、現在では勤怠管理専用のシステムが開発され、導入が進んでいます。特徴として、複数の事業拠点の従業員の勤怠を一元管理することが可能なことです。従来よりも優れた点は、個人情報の管理にセキュリティーを導入していること。ICカードや指紋認証を取り入れており、打刻方法は複数あり、不正を防ぎます。優れた労務管理が可能ですが、今後の課題として導入にかかるコストがあります。システム運用にあたり、トレーニングが必要なことやアップデートにも追加費用がかかります。しかしこれは時間の問題に過ぎず、すぐにリーズナブルな環境を手に入れることができるでしょう。

Copyright© 2017 【低コストで利用可能】グループウェアを導入するメリットを解説 All Rights Reserved.