チャット

メリットを把握しよう

情報共有やコミュニケーションを図るために、チャットアプリを導入する企業が増えています。そして、チャットアプリのメリットは、いつでもどこでも使えるため、業務の効率化が図れます。そして、無料や安価で導入できるので、経費削減ができることです。

詳しく見る

パソコンを操作する人

企業の安否対策プログラム

企業や法人が事業継続を行うには、自社の社員の安否確認が先決です。そのためには大手キャリアとの連携とsnsの導入が必要です。連絡にはpcやスマホ、タブレットなど3つの端末を使うなど複数の連絡手段を確保すべきです。

詳しく見る

ニュース一覧

社内管理に役立つアプリ

チャット

社員同士が仕事の進捗を監視し合えるだけでなく、社員同士がコミュニケーションを楽しむためにも活用できるのがチャットアプリの魅力です。スケジュール管理にも役立てる事ができますし、外出先から会議に参加したい時にも役立ちます。

詳しく見る

生産性を高めるツール

ウーマン

便利で低コストなサービス

会社内の業務の生産性やペーパーレス化などを進める企業が多くなってきました。今までペーパーで管理してきた社内の業務をシステマティックに進める方法として、グループウェアが注目を集めています。具体的にはスケジュールの管理や伝言などをのこしたり、文書を共有したりできます。他にも様々な機能があるので、このグループウェアを導入すれば、社員全員で様々な情報を共有できるというメリットがあります。クラウドサービスの一環になりサーバーで様々な情報を管理します。ネット環境が整っていればすぐに導入ができる点もメリットが高いでしょう。月額利用料も非常に安いのでコストをかけずに生産性を上げる事ができます。また、基本料金の中で25種類程度の機能を使い放題という点もメリットが高いでしょう。更に嬉しい仕様として、パソコンが苦手な人でも簡単に操作ができるタッチパネル式になるので、スマホやタブレットを扱う感覚で利用が可能です。画面も使いやすいレイアウトになっているので苦手意識を持つことなく、グループウェアを快適に使えます。またネット回線を利用したクラウドサービスの一環になりますが、グループウェアは安定したサービスを提供できるのが特徴といえます。万が一何か起こった時はフリーダイヤルでいつでも問い合わせができる点も魅力的でしょう。今までのように伝言などを残すときもメモ帳などが不要なため、ペーパーレス化につながり環境にも配慮した仕事ができます。

Copyright© 2017 【低コストで利用可能】グループウェアを導入するメリットを解説 All Rights Reserved.